神戸大学付属病院を受診してきました。2009/10/07 12:36

こんにちは、泳げ鯛焼き君♪です。

神戸大学病院の産婦人科を受診してきました。

手足がそれぞれ2本ずつ見えました!!!すごい♪

へその緒も確認できました。ちゃんと一本の糸で繋がったんだわ~ 感動です。


あらかじめ調べたところ女医さんはお一人だったので、その方の診察を狙って水曜日を待っていたらこんなに遅くなりました。初診は予約できないので行ってから待つしかないのです。

が、いざ受付で女医さん希望を伝えたところ、問診の段階で、

「女医さんご希望ですが、この先生を待っていただくと夕方になります。教授診で良ければすぐにお呼びできます」

・・・教授のほうが人気ないんだ(^^;

「じゃ、教授でお願いします。でも、次からは女医さんの予約取れますよね」

「大丈夫ですよ」

教授診察を選んだら、学生三人による練習の問診になりました。
さすが大学病院だ。
用意した質問も緊張のあまり忘れています。

今までの子宮筋腫や子宮頸がん検査などの経過を説明したのに理解できずメモできないご様子。

案の定、教授の診察のとき画面には、飲酒していると書いてあり、まじめに飲酒の危険性を説き始める教授。

「私、妊娠後は一切飲酒していません」

さすがに大学の教授だけあって、何もかも上から話してきます。
まるで、45歳で顕微授精に成功したのは奇跡だ!と言わんばかりに珍しがっていて、高齢出産の危険性、35歳までの危険度と40歳以上の危険度の違い、45歳以上なんて症例すらほとんどない。赤ちゃんだけでなく母体も危険である。うんざりするほど怖さ強調モードが続きます。

せっかくここまできたのに、なんと言われたってしっかり産むよう努力するしかないでしょう、それに、そのために手を尽くすのがあなたの仕事で、言い訳をするのが仕事じゃないでしょう!

先ほどの学生3名に加え、看護師も見習いみたいだし、男女一名ずつの医師もまだまだ駆け出しみたいで、何もかも練習の中の診察といった感じでした。

だから余計にDr.は威張ってたのかしら。

500gで取り出すこともある、なんて言ったのは、そんな超未熟児対応もできる設備を自慢したかったのかも。そのためにわざと早めに切って出されたら困るけど、まぁいずれにしても格好の研究材料にされることは間違いなさそうです。

笑っちゃうのは、データ関係は完璧にパソコンで各部署繋がっていて最先端って感じなのに、肝心の診察台が古くて擦り切れていて、おまけに形も違うので、いったいどこに座るの?って言うぐらい戸惑いました。

バスタオルも置いていなくてどうやってカーテンの向こうに行くんだ?
前触れなくいきなり椅子を動かさないでよぉー。

民間の病院に比べて、患者さんの気持ちになると言うソフト面はかなり遅れているようですね。

いざと言うときに高度医療が受けられるのですから、リスクの高い出産をしようとしている私にとってはこれらは全て我慢の範囲内です。

通常、この時期は4週に一度の検診だそうですが私の場合心拍を確認するために2週間後に来るよう言われました。紹介状が9/18なのに、今までのんびり何をやっていたんだ、その間心拍を確認してないのかと半ば怒りモード。岡山では一度受診してますが・・・。
その病院から子宮筋腫の報告はなぜ貰ってないのか、などなど威張り散らしておいて、ちゃっかり、次回も自分の診察で予約を入れた教授Yです。

女医さんの予約したかったのに・・・。

それではまた。

コメント

_ 45歳で妊娠したい!初産・2人目の可能性やリスク、おすすめブログまで ― 2017/02/24 19:19

初めまして(o・ω・o)
45歳でのご妊娠との事で…本当におめでとうございます!!!
こうやって不妊治療が見事に実を結んだ方がいらっしゃるんだと思うと、とても勇気が沸いてきます。
本当にありがとうございます!
しかし、病院の対応はあまり良くなかったようですね…ウゥ(/_;)
患者をお客様扱いしろとまでは言いませんが、もう少し思いやりある接し方をしてほしいですね…
なにはともあれ、本当におめでとうございました!

_ 泳げ鯛焼き君♪です。 ― 2017/06/15 10:39

こんにちは、呼んでいただいてありがとうございます。
温泉で体を温めるのはとてもいいことですね。
あっためすぎは良くないようですが、体を冷やさないことは
絶対に必要です。
朝晩の足湯、6分程度、続けてみてください。

応援してますよ~(^-^)/^

_ とも ― 2017/08/16 16:00

はじめまして。
私は現在41歳で妊娠希望しており、9月から不妊治療を開始して体外受精を受けてみようとしていました。もともと腎臓に持病があり神大病院に通院していて、今は腎臓は安定しているので薬なども飲んでないのですが、たまに血圧が高くなる為、腎臓内科の先生から血圧の薬を飲みながら不妊治療をしたほうが良いと言われ、詳しいことを院内の産婦人科の先生に相談してみてと言われて昨日産婦人科を受診してきました。
そこでY教授にお会いしたのですが、最初から最後まで否定的で失礼な言葉を言われ、ショックを受けて帰ってきました。
妊娠は諦めろということを言いたいのは理解したのですが、言い方伝え方が本当に感じ悪く、こちらが何か発言しようとしても、あんたの話は聞かない的な感じで遮られ、とにかく驚きました。
最後に、妊娠可能の許可なんか出さないし、不妊治療の病院に紹介状なんか絶対に書きませんから!ときつく言われ、涙を堪えながら診察室をあとにしました。
確かに、持病があって高齢なので妊娠自体に無理があるのは承知していましたが、諦めた方が良いんだろうなという考えになってきました。
泳げ鯛焼き君さんのブログを拝見して、Y教授ではなく、他の女医さんにお会いできてたら、諦めるにしてももう少し納得いく話が聞けたのかな…と思ってしまいました。
すみません、愚痴のようになってしまいました…

_ 泳げ鯛焼き君♪です。 ― 2017/09/30 15:41

ともさん、こんにちは。

 お察しします!
 教授の物言いが見えるような気がします。
 確かに、あの教授でなくて別の先生だったらもっと他に対処してくれたかもしれません。ただ、女医さんに会うためには初回は朝から行って夜まで待つ覚悟が必要だし、毎回毎回の診察も2時間待ちが当たり前。そういうしんどさもあるので、一概にはお勧めできません。

 でも、あの教授に言われてハイハイと引き下がるのも残念な気がしてなりません。もしまだチャレンジする勇気をお持ちなら、別のお医者さんを探してみるというのも一つの方法かもしれません。いずれにしても簡単ではないと思われます。

 ただ、最近よく聞くのは私のように癌を経験してもまだ妊娠したいという希望の方に、癌の専門医と産婦人科がチームを組んで医療を行ってくれる病院があると聞きました。もちろん数は少ないはずです。ともさんのご病気は、癌とは違うのでまた状況は異なると思いますが、担当のお医者さんに神戸大学以外の病院について聞いてみるか、何かで調べてみるという選択肢はあると思います。

 一方で、自分の命をすり減らして、危険にさらしてまで子供を産まなくても、夫婦二人で幸せに暮らしていくという選択ももちろんあると思います。私たちの友人でお子さんのいらっしゃらないご夫婦は何組かありますが、それはそれは仲良くて羨ましいような関係です。

 じっくりとお考えになって、前に進まれたらいいと思います。
 ただ、教授のことは一日も早く忘れてください。
 それが一番いいと思います(^-^)/

 お話くださってありがとうございました。
 どうぞ、幸せな明日を♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://45ninpu.asablo.jp/blog/2009/10/07/4620048/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。